【GitHub】git cloneを用いてリモートリポジトリをクローンする方法についてまとめてみた!!

GitHub
スポンサーリンク

みなさんこんにちは!
のむ(@nomu_engineer)です!

今回の記事では、git cloneを用いて、リモートリポジトリをローカルにに引っ張ってくる方法についてまとめました!

この記事を読むメリット
・git cloneの仕方がわかる
・git cloneに用いるプロコトルについて理解が深まる
・GitHubについての理解が深まる

この記事を読むおすすめの読者
・プログラミング初心者
・駆け出しエンジニア
・git cloneの方法を知りたい方

それでは早速本題の方に入っていきたいと思います!

cloneとは

まずはcloneとは何かを少し触れたいと思います。
git cloneの方法だけでいいという方は、ここは飛ばしてください!

cloneコマンドは一言で言えば、その名の通り、リポジトリをコピーするためのコマンドです。
多くの人がGitHub上に公開しているリモートリポジトリをクローンして、自分の開発ようのローカルリポジトリを作成するために使います。

リポジトリとは

続いてリポジトリについても軽く触れておきます!
リポジトリについても知識がある人はここは飛ばしてください!

リポジトリとは、ファイルやディレクトリの状態を記録する場所です。
ファイルやディレクトリの内容を変更履歴として格納しているイメージです。

変更履歴を管理したいディレクトリをリポジトリの管理下に置くことで、そのディレクトリないのファイルやディレクトリの変更を記録することができます。

リポジトリには、リモートリポジトリとローカルリポジトリの2種類があります。

今回はリモートリポジトリからcloneしたものをローカル環境に引っ張ってくる方法についてこれから解説していきます。

git cloneの使い方

それでは、git cloneの使い方について説明していきたいと思います。
git cloneの基本型は以下になります。

% git clone[クローンしたいリポジトリ][クローン先のディレクトリ(省略可)]

第一引数にクローンしたいリポジトリの指定、第二引数にクローンしたリポジトリの配置先となるディレクトリを指定します。

第二引数は省略可能ですが、省略した場合はクローンしたいリポジトリと同一名称のリポジトリを、カレントディレクトリの直下に配置することになります。
つまり、今いるディレクトリの直下に配置されるということです。

第一引数のクローンしたいリポジトリの指定は、下記の画像の赤丸で囲った箇所をクリックすると、コピーできるようになっています。

クローンしたいリポジトリの記述方法ですが、利用するプロコトル(通信方式)のパターンにより若干ん記述が変わってきますので、まずはプロコトルの種類から説明していきたいと思います!

プロコトルの種類を理解している方は、ここは飛ばしてください!
git cloneで利用できるプロコトルは主に3個あります。

・git
・SSH
・HTTP/S

利用するプロことるによってできること、できないことがあるので注意してください!

git

特徴
・高速に通信ができる
・認証機能がない(セキュリティ面が。。。)
・git cloneした場合は読むことしかできない状態になる(read-only)

記述の仕方は以下のようになります。

% git clone git://example.com/xxxx.git
% git clone git://[リポジトリのURL]/[プロジェクト名].git

SSH

特徴
・認証が必要で暗号化されるので安全
・匿名でアクセスできない

記述の仕方は以下のようになります。

% git clone ssh://user@server/project.git
% git clone ssh://[ユーザー名@リポジトリのURL]/[プロジェクト名].git

HTTP/S

特徴
・GItHubが推奨するプロコトル
・GitHubではユーザー名、パスワードを用いて認証を行う
・基本はHTTPSを使い、HTTPを使うメリットはない
・SSHより高速

記述の仕方は以下のようになります。

% git clone https://example.com/xxxx/.git
% git clone https://[リポジトリのURL]/[プロジェクト名].git

git cloneする際は、上記の3個のプロコトルを使うことができますが、他の記事を参考にする限り、通常の開発では、SSHを使うのがいいのではないかと思います。

HTTPSでクローンすると、pushするたびにユーザー名とパスワードを要求されて、面倒だという難点があるからです。

その点。SSHの場合は、git pushと入力するだけで、pushを開始できるのでお手軽になります。

また、HTTPSやgitでクローンした後でも、SSHでpushにするように変更も可能です。

ローカルで実行

ここまではgit cloneを使って、cloneを自分のローカル環境に引っ張ってくる方法について、解説してきました。

ここからは、ローカルで実行する方法についてです。

ローカルまで引っ張おってきたら、もう少しですので、がんばっていきましょう!

まずは、Gemのインストールを行います。

% bundle install

Gemのインストールができたら、DBの作成とマイグレートを実行します。

% rails db:create

%rails db:migrate

最後にサーバーの起動をすることで、ローカル環境でgit cloneしたアプリを起動することができます。

% rails s

最後に

以上が、git cloneを用いた、リモートリポジトリをローカル環境に反映する方法でした。

著作権等も絡んでくる話だと思うので、使う際は充分にお気をつけください!

最後にまとめて終わりたいと思います!

・git cloneを用いることで、リモートリポジトリをローカル環境に引っ張ってこれる。

・git cloneのプロコトルは「git」「HTTPS」「SSH」の3種類があり、それぞれ特徴がある。

・通常の開発でおすすめなのが、SSHプロコトルを用いたgit clone。

・著作権が絡むので、充分に気をつけること

git cloneの知識は絶対に知っておきたいところですので、しっかりと抑えておきましょう!!

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました