スポンサーリンク

【Ruby on Rails】deviseを日本語化する方法についてまとめてみた!!

こんにちは!
のむ(@nomu_engineer)です!

今回の記事では、Ruby on Railsにおける、deviseを日本語化する方法についてまとめました!

この記事を読むメリット
・deviseのエラー文や、表示する文字を日本語化することができる
この記事を読むおすすめの読者
・プログラミング初心者
・駆け出しエンジニア
・deviseを日本語化したい方

すでにdeviseをインストールしている前提で話を進めていきます!

deviseのインストール方法がわからない方はこちら!
deviseのインストール方法

それでは早速本題の方に入っていきたいと思います!

gemのインストール

まずは、gemのインストールを行います。

インストールするgemは二つです。

gem "devise-i18n"
gem "devise-i18n-views"

ja.ymlファイルの編集

次に、config/locals/ja.ymlファイルの編集を行います。

ja:
  activerecord:
    errors:
      models:
        user:
          attributes:
            email:
              blank: "空になっています。入力してください。"
            password:
              blank: "空になっています。入力してください。"

application.rbの設定変更

config/application.rbでjaに設定します。

config.i18n.default_local = :ja

上記の3ステップを踏むことで、viewに表示されるテキストや、エラーメッセージを日本語に変換することができます。

最後に

以上がdeviseを日本語化する方法にです。

最後にまとめて終わりたいと思います。

deviseを日本語化する3ステップ

・gemのインストール

・ja.ymlファイルの編集

・application.rbの編集

ユーザービリティを考える上では避けては通れない道だと思うので、是非抑えておきましょう!

ありがとうございました!

スポンサーリンク




この記事を書いた人